敏感肌を改善

近年、敏感肌に悩む方が増えているようです。
ある調査によると、実に90%もの方が自分の肌を敏感肌と感じているというデータがあるくらいです。

敏感肌になる第一の原因は、肌のバリア機能の低下によるものです。
人間の肌には、バリア機能というものがあり、外的からの刺激や雑菌などから肌を守ってくれています。
このバリア機能が低下すると、当然、肌は外部からの刺激を受けやすくなり、雑菌が侵入しやすくなります。
これが悪化すると、肌は外部からの刺激に過敏に反応しやすくなり、
アトピーなどの肌トラブルを引き起こす元となります。

このバリア機能に重要な役目を果たしているのがセラミドです。
セラミドが減少すると、バリア機能が低下し、肌の潤いも少なくなります。
敏感肌は、肌が乾燥する乾燥肌が悪化して引きおこされるケースも多いと言われています。

セラミドは、加齢や環境などで減少しますので、
セラミドが配合された美容液や化粧水で、セラミドを補ってあげることも大切です。

ただ、敏感肌は原因として複合要因を持っていることも多いので、
その根本的な原因を突き止めることも必要です。
刺激の強い洗顔料を避けて、自分の肌に合った洗顔料を選んだり、
正しい洗顔方法を身につけたり、保湿能力の高いコスメでケアするなど、
地道なスキンケアも必要となります。


セラミドとターンオーバー

セラミドはターンオーバーの過程で生成されます。
ターンオーバーの周期はおよそ28日とはよく言われます。
では、これは変化することはないのでしょうか。

ターンオーバーの周期には個人差があります。
また加齢と共にターンオーバーの周期は延びていくことが知られています。

28日周期でターンオーバーが行われるのは、主に20代の肌です。
年齢を重ねるに従って、ターンオーバーの周期は長くなります。
生活習慣の乱れや紫外線を急激に浴びるなどでも、ターンオーバーの乱れは起こります。

ターンオーバーは遅すぎると問題ですが、逆に早すぎても肌トラブルの原因となりえます。
ターンオーバーを正常に保つためには、日常の基本的な生活習慣が大切です。

ターンオーバーが遅れると、角質が肌に溜まり、肌がくすんだり、ごわついたりするなどの問題が起こります。
そうすると、美容成分も浸透せず、肌細胞に有効成分を届けることもできません。

炭酸パックが美肌をつくるのに効果的であるといわれるのは、
ターンオーバーを正常化する役目を果してくれる、肌表面への働きかけだけではないパックであるためです。

十分な睡眠やバランスの良い食生活などの正しい生活習慣でターンオーバーを乱さないのが一番ですが、
どうしても無理な場合には、炭酸パックを利用するなどして、
ターンオーバーを正常化させるのも1つの方法です。

炭酸パックも家庭でできる新しい製品が多く発売されています。
炭酸パックおすすめ口コミランキングのようなサイトを参考に炭酸パックを選ぶのもいいでしょう。